福岡市にあるきらら保育園、今日も子供達の笑顔であふれています!

Tel:092-586-1071 西鉄雑餉隈駅西出口より徒歩2分
保育方針

保育方針について

保育イメージこの年齢の子どもたちだからできる、たて割り混合自由保育の実施により、同じ年齢、発育、同じ思考の者同士ではなく、異年齢の子どもたちが一緒に生活することで、兄弟のように年上の子どもは年下の子どもをかわいがり、年下の子どもは年上の子どもを敬い、年上の子どもから沢山の刺激を受けた年下の子どもたちは、真似ることにより沢山のことを吸収しています。

こども社会でのトラブルには極カ保育者は□を出さず、まずは子どもたちで考え、解決させるよう見守り保育をしています。
小さいうちから出来るだけ沢山のことを体験させることにより、豊かな感性を育てます。お母さんと同じ気持ちで、叱る時はしっかり叱り、叱った後はたっぶり愛情をこめてのフォローを忘れないようにしています。

自分が叱られたことを、大人と同じ□調で、自分より小さいおともだちに言っている女の子。良いお母さんになりそうです。

保育の特色(設定保育)

年間カリキュラムを組み、それぞれの年齢に応じた保育をしています。
遊びの中で、文字・数・時計・ことわざ・国旗…などを自然に覚え、また楽器を使ってのリズム遊びやリトミックなども実施。
年長児はピアニカの演奏、年少児からは年齢別に絵本読みや文字・数・知恵のワーク、制作(折り紙・糊や鋏の使い方指導)なども行っています。
お天気の良い日は近くの公園でボール遊び・鉄棒・縄跳び・砂遊び…元気いっぱい体を動かして遊んでいます。熱中症が心配される夏は、1日おきにプール遊びを実施しています。
運動神経は、環境と運動の取り組み方によって大きく左右されると言われています。幼児期に、多種多様な運動遊びを体験することで、初めて神経の著しい発達が促されると言われています。
当園では、毎週月曜日に「カワイ体育教室」の講師による体育レッスンを取り入れております。子どもたちは運動する楽しさを感じながら、マット運動・跳び箱・鉄棒などに挑戦しています。

毎週木曜日にはネイティブによる英語レッスン。
子どもたちは英会話やカードゲームを楽しんだり、元気いっぱいお歌を歌ったり、踊ったり…英語あそびはみんな大好きです。小さい子どもたちもみんな参加しています。バイリンガルも夢ではありませんね。

また、3歳以上の子どもたち(希望者のみ)は毎週水曜日の午後、お迎えのバスに乗って、スイミングクラブヘ…。水泳は目標に向かって努力することで強い精神力・集中力を育み、呼吸中枢神経が刺激されることで循環器系統も強くなり、風邪をひかない、病気になりにくい体づくりができ、また全身運動で骨や関節の発育を促進し、平衡感覚を駆使することから大脳が刺激され、賢い子に育つと言われています。この時期に水泳を始めることは、子どもたちの成長にとって貴重な体験となると考え、課外保育に取り入れています。子どもたちみんな楽しみにしています。

CopyRight© きらら保育園 All Rights Reserved.